税理士が教える税務のコツ

役員賞与を支払う時

ある事業年度において、業績好調により従業員への賞与を支払うとなった場合、その支払い金額を損金算入することが可能です。
一方で、役員への賞与を支払う場合、損金算入するには税務署にその支払う賞与金額と支払い時期を事前に届け出ないとなりません。
また、その「届け出」も、定時株主総会の1ヵ月以内に「支給額」「支給時期」を確定して、税務署に届け出ておかねばなりません。

決算期付近にて、利益がでそうだから役員へ臨時のボーナスとして100万円を支給しても、そのボーナス100万円を損金算入にすることはできないのです。

役員へ賞与を支払ってそれを損金にするには、事前に税務署に届けた通りに支払うか、使用人兼務の役員(いわゆる平取締役で、使用人としての職制上の地位を有し、かつ、その職務に常時従事している者)に対して、使用人部分として賞与を支払った時のみが可能です。