税理士が教える税務のコツ

役員報酬を支払う時

役員への報酬を損金に算入するには一定の制限がつけられています。
毎月の報酬を業績がいいからといって、増やしたり、ちょっと業績が下降気味だからといって、報酬を下げたりすると増やした分や下げた分の差額は損金算入が認められなくなってしまいます。

例えば、3月決算の会社において、総額で毎月150万円の役員報酬の支払いしていたところ、業績がよかったから12月から毎月200万円にしたら、差額の50万円×4回(変更時から決算月までの支払回数)の200万円は損金算入ができないことになります。

また、3月決算の会社において、総額で毎月150万円の役員報酬の支払いをしていたところ、3月に業績がちょっと悪かったから、100万円の役員報酬の支払いにしてしまうと、差額金額の50万円を2月までに支払った回数の11回分550万円が損金算入できなくなってしまいます。

したがって、役員への報酬は毎月一定金額の報酬を支払うようにし、報酬を変更するのは定時株主総会における決議に基づくようにします。

小規模会社においては役員報酬が損金に締める割合が比較的大きく、役員報酬を損金算入できる否かで支払う税金額が大幅に変わる可能性があるので、慎重に毎月の報酬額を決定し、その後は毎月継続して同額を支払うようにして下さい。