税理士が教える税務のコツ

消費税申告方法を選択する時

消費税の申告方法には、「本則課税方式」「簡易課税方式」があります。

「本則課税方式」は取引のうち売上等により「預り消費税」と仕入等による「支払い消費税」を日々集計して、集計した「預り消費税」と「支払い消費税」の差額を納付する方法です。

「簡易課税方式」は売上等により「預り消費税」に業種別に定められた「みなし仕入率」をかけて「支払い消費税」を計算し、「預り消費税」と「支払い消費税」の差額を納税する方法です。

この「簡易課税方式」は2期前の売上高(消費税のかかる売上高)が5000万円以下の法人と2期前がない新設法人が一定の届出を税務署にすることで、選択し適用することができます。

二つの方法がありますから、「簡易課税方式」が適用できる会社はどちらの方法がよいかシミュレーションをして実施してみるといいかと思います。

例えば、小売業で「消費税の対象となる売上高5000万円(税抜)」「消費税の対象となる仕入等の経費で3000万円(税抜)」の場合は

「本則課税方式」
預り消費税  5000万円×8%=400万円
支払い消費税 3000万円×8%=240万円
納付額    400万円‐240万円=160万円

「簡易課税方式」
預り消費税  5000万円×8%=400万円
支払い消費税 400万円×80%=320万円
納付額    400万円‐320万円=80万円

と「本則課税方式」160万円に対して、「簡易課税方式」80万円と80万円税金を納める金額が少なくなりますので、この場合は、「簡易課税方式」を利用するほうがいいことになります。

なお、「簡易課税方式」を選択した場合、2期間は適用する必要がありますので、1年間でなく、2年間の売上と経費を考える点に注意してください。