税理士が教える税務のコツ

償却資産税を回避するには

償却資産税とは固定資産税の一種で、取得価額が10万円以上でその資産の合計が150万円以上になった場合に課税される税金であり、その税率は1.4%です。

したがって、取得価額の合計が150万円になりそうな時は、資産を取得する方法を検討してみればよいことになります。

その方法としては、20万円未満の資産については一括償却資産として処理する方法があります。20万円未満の資産を一括償却資産でなく、通常の償却資産とすると償却資産税の対象になりますが、一括償却資産として扱えば償却資産の対象から外すことができるからです。