税理士が教える税務のコツ

30万円未満の資産を購入した時

備品などの固定資産を購入したら、一度、資産に計上し、その後使用期間に応じて減価償却を通じて費用化することになります。

ただし、次のような特例も定められていますので、資産を購入した時には注意して処理してください。

  • 価額が10万円未満のもの、または、使用期間が1年未満のもの
    取得価額を購入時に損金として処理できます。
  • 取得価額が10万円以上20万円未満のもの
    一括償却資産として3年間で取得価額の三分の一ずつを損金処理できます。ただし、3年以内に除却しても、3年間にわたり償却していく必要があるので、注意が必要です。
  • 取得価額30万円未満のもの
    資本金が1億円以下の法人で青色申告をしている中小企業は購入時に損金処理することができます。ただし、合計金額で300万円までが限度となります。なお、平成22年3月31日までに購入して事業に利用した場合に、損金処理が可能となります。