税理士が教える税務のコツ

忘年会等を行う時

忘年会等にかかった費用については会社で負担しようとすることが多いと思います。
そして、忘年会等は社員の勤労意欲を高めるものとして、福利厚生費として処理することも可能です。

ただし、忘年会等にかかった費用だからといって、何でも認めてくれるわけでなく、福利厚生費として処理するには次の条件を満たす必要がありますので、忘年会を会社で開催する場合には注意して実施してください。

  • 全従業員を対象としていること
  • 費用が世間一般で行われている常識程度のものであること
  • 一次会のみの負担であること