税理士が教えるクラウド会計のコツ

どの点がいままでの会計ソフトと違うのか(メリット編)

次は、メリットですが、データが安全に守られる点です。クラウド会計においてよく言われるのがデータのセキュリティの件ですが、クラウド型会計のほうが安全です。よくあるたとえ話ですが、パッケージ型ソフトのデータ管理とクラウド会計のデータ管理は、お金の管理で考えると、前者はお金を自分でもっておくのと、後者では銀行に預けておくくらいのレベルの違いはあります。

自動更新してくれる点です。システムの更新が自動的にされています。パーケージ型ソフトの場合では、自分で更新しなければなりませんし、更新のタイミングが遅かったり、更新をし忘れることがあります。特に、大切な更新を忘れてしまうと大変なことになりますが、クラウド型システムでは更新をこちらですることはありません。

システムの利用料が安くなる点です。一つのシステムを多数でシェアするので、その分利用料が安くなります。これが一番のメリットになるのだと思います。実際の料金を見るとパッケージ型会計ソフト比べると少し安い程度なのですが、使える便利の機能が違います。各種のクラウドシステムとのデータ連携、金融機関、カードのデータの取り込みなどを考えるよくぞこの機能をこの金額でと感じます。機能はどんどん良くなっています。

様々な機能が増えていくので、使いこなせればますます便利に使えますが、使えなければ宝の持ち腐れということにもなります。代表的なクラウド型会計システムを使っていますが、日々、機能が追加されており、使いこなすのは大変だなとも思うところがあります。

クラウド型とパッケージ型どちらがいいのと言われると、会計機能だけを使うというのであれば、パッケージ型ソフトでもいいと思います。会計そのものは変わっておらず、使い方も悪く言えば一度慣れてしまえば変わることがありませんが、クラウド型会計の場合、機能の変化に合わせて入力の仕方がどんどん変わっていくところがあるのも事実です。

ただ、様々な便利機能を使いこなして会計だけでなく、バックオフィスの業務最適化を今後考えていくのであれば、迷わずクラウド型会計システムがおすすめです。