税理士が教える経理のコツ

現金勘定を使わない

現金勘定を使わないと経理が楽になりますし、気持ちも楽になります。大きな会社なら別ですが、小さな会社では現金管理に力を入れません。

現金は大した金額でなく、ちょっとしたものを買う程度です。そんな現金を出納帳を手書きで書いたり、エクセルで管理したり、現金が帳簿上マイナスになるとまずいから現金を下ろして出納帳に加えてしてマイナスにならないようにする必要はありません。
また、月末、期末に現金を数えて記録と合わないと記録のズレの原因を探したりして時間を費やしません。

小さい会社は、現金は全て社長借入にして処理すればいいのです。要は会社での現金で購入するものは社長が立替えて払う処理をするのです。こうすれば出納帳を作る必要もありませんし、現金マイナスが発生しませんし、現金を数えなくて済みます。

社長借入処理をすることで、社長が実際に会社経費での立替も帳簿で自動的に記録することができます。そして、その立替えた金額を一定の時に、返済してもらえばいいのです。

小さな会社はこちらの方法がおすすめです。