税務のコツ

社員旅行をする時

社員旅行は目的や、従業員の参加状況、費用等によって、福利厚生費、給与、交際費となります。

福利厚生費となるようにし、給与、交際費とならないようにしましょう。

  • 福利厚生費とするには、次のような社員旅行にします。
    • 旅行期間は4泊5日以内
    • 従業員のうち50%以上の参加
    • 相当な費用(一人10万円以内)
  • 給与とみなされる社員旅行は次のような場合です。
    • 旅行期間は4泊5日を超える
    • 従業員のうち50%未満
    • 旅費費用が高額な時
  • 交際費とみなされる社員旅行は次のような場合です。
    • 高級レストランの利用
    • 豪華なホテルの利用
    • 常識を超えた遊興

なお、福利厚生費とみなされる場合でも、不参加者に旅費代わりの現金を渡した場合は、その不参加者に対しては給与となってしまい、所得税がかかるので注意ください(参加者は給与とされてしまうことはありません。)。