税務のコツ

中古資産の取得を検討してみよう

中古資産を取得すると、新品の資産を取得する場合より耐用年数を短くすることができ、その分早期に損金処理をすることが可能となります。

中古資産の耐用年数は次のように計算されます。なお、計算の結果2年に満たない場合は2年となります。

  • 法定耐用年数の全部を経過した資産
    法定耐用年数×20%
  • 法定耐用年数の一部を経過した資産

    (法定耐用年数-経過年数)+経過年数×20%