お金のサポート

創業融資サポート

木村会計事務所のサービス お金のサポート

業務の内容

創業融資を獲得するためには、それなりの知識と経験が必要になり、特に会計・税務・利益予測等の知識の部分は税理士・会計事務所が果たすべき役割です。

ただ、業界の仕組みを知らないとどれだけ数字に強くても事業計画書等を適切に作成はできません。創業計画書・事業計画書の作成と面談時の指導を行うことを通じて、融資の獲得をお手伝いします。

支援の流れ

  • お客様とのご相談
  • 事業計画書、資金繰り表、売上収支予測表などの作成支援。
  • 日本政策金融公庫・保証協会へ融資の申し込み
  • 面談に当たってのポイントをアドバイス
  • お客様自身で、面談を行っていただきます。
  • 融資獲得

助成金サポート

業務の内容

助成金を利用すると得をすると聞いたことはあるけれど、実際どんなものがあるのかよく知らない、また手続きが大変そう…。そんな理由で実際に利用したことがないかたは多いと思います。

助成金は、返済不要のもらえるお金です。とてもお得な制度ですから、手にする機会を逃がしたら大変です。助成金 はいずれの制度も手続きが複雑で、そのポイントや助成されるコツは、初めて申請される方には、とてもわかりづらい制度です。提携の社会保険労務士が「どんな助成金が利用できるか」といった相談から、申請まで、サポートさせていただきます。

助成金と補助金の違い

補助金・助成金は,いずれも国や自治体などから支給され,原則返還する義務のないお金です。ただし,補助金は公募期間が短く,期間内に所定の手続を行って採択された事業者にのみ原則給付されます。助成金は官公庁のWebサイトなどに詳細が掲示されており随時の申請が可能ですが,申請期間は補助金と同様に短い設定となっているものが多いようです。

なお,補助金には創業に関連しているもの,助成金には雇用に関連しているものが多く見られます。

主な助成金の種類

トライアル雇用奨励金

若者の採用や育成に積極的であり,その雇用管理の状況が優良である中小企業を対象とした助成金です。事業者が要件を満たすトライアル雇用を実施する場合に一定額が助成されます。

キャリアアップ助成金人材育成コース

派遣労働者など非正規雇用の従業員に対し,キャリアアップを促進する職業訓練を実施した場合に一定額が助成されます。

キャリアアップ助成金正規雇用等転換コース

派遣労働者など非正規雇用の従業員に対し,正規雇用への転換などの取組みを実施した場合に一定額が助成されます。

※そのほかにもさまざまな補助金・助成金がございます。詳細はお電話にてご相談ください。

※当ページに掲載している内容は日本政策金融公庫や自治体,官公庁などが発表した平成27年度の情報をもとに作成しております。最新の情報については各機関のWebサイトをご覧ください。

申請・入金の流れ

  • お客様とのご相談 どの助成金に該当しているかの診断
  • 申請代行 提携社労士が助成金申請に必要な書類を作成して所定の行政関係窓口に申請の代行をします。お客様は助成金の申請をすることはなくなるため本業に集中してください。
  • 助成金の審査 申請書類と添付書類を提出すると今度はその申請書類に間違いがないかどうか添付書類に漏れがないかどうか行政機関で審査に入ります。申請書類に間違いがあると訂正があったり添付書類に漏れがあると提出するように言われます。また提出した書類だけでは分からない場合には追加の添付資料を要求される場合もあります。
  • 審査通過 申請書類に間違いがなく添付書類にも漏れがなく何も問題がない場合には助成金をもらうことができます。 そのときに支給決定通知書というのが会社宛に送られてきます。 逆に審査が通らなかったら不支給決定通知書が会社宛に送られます。
  • 助成金の振込支給決定通知書が届いた後から1週間から2週間以内にお客様が指定した口座に助成金が振り込まれます。