クラウド会計のコツ

マニュアルをしっかり読みましょう

当たりまえかもしれませんが、基本操作と基本入力のマニュアルはしっかり読んで下さい。

初めての方は、クラウド型会計システムは簿記の知識がなくても直感的に入力はできるように作られてはいます。また、クラウド型会計システムの会社も取引は簡単に登録大丈夫と思わせるところはあるので、画面の入力項目にデータを入れていけば、ば何とかなると思って初めてしまうと、間違いなく、使いこなせずに終わってしまいます。特に、代表的なクラウド型会計システムである「freee」は独自の入力の仕方です。マニュアルを読まないでなんとかなるレベルではありませんので、必ずマニュアルを読んで、マニュアル片手に入力していくことをお勧めします。そして、わからなくなれば、すぐに、チャット等を使って解決していきます。簿記の知識がなくても入力できるかもしれませんが、操作、取引記録入力のための方法は学ばないと入力はできません。

過去にパッケージ型ソフトを利用していた人にもやはりマニュアルを読むことをお勧めします。代表的なクラウド型会計システムの「MFクラウド」は過去の入力の延長で入力は進めることはできます。便利な機能を使わないでも従来と同じように仕訳を記録する方法で入力は可能ですが、それでは、せっかくの便利な機能を使えこなせません。便利機能を使いこなすためには、マニュアルを読むことが必須です。さらには、「freee」となると、独自の考え方で取引を記録します。従来の会計ソフトは仕訳を記録することで記録をしていたのですが、仕訳でなく、取引の記録の仕方のルールが定められ、そのルールに従わないと記録できないことになっていますので、大変です。

本筋とはズレますが、代表的なクラウド型会計システムである「MFクラウド」と「freee」はどちらがいいですかと言われると、初めての方は「freee」でも大丈夫ですが、パッケージ型ソフトを使っていた方は、「MFクラウド」が入力しやすいといいます。